申請者
経費の作成・申請・提出のみを行えるユーザーとなります。


承認者
申請を承認することができます。
「承認一覧」のメニューが表示されます。

  • 承認フローに含まれていても承認権限を付与されていないと承認はできません。
  • 申請者が承認者を任意で追加することができますが、その際に選択できます。
  • 仮払いの管理を行う「仮払一覧」は承認者と管理者�に表示されます。


集計者
最終承認がされた申請書を集計して、会計データや全銀(FB)データの出力を行うことができます。
「経費集計」のメニューが表示されます。


管理者
事業所設定を扱う権限です。各種設定や変更が可能です。「事業所設定」のメニューが表示されます。
また「経費一覧」と「承認一覧」の検索範囲が会社全体となり、社内の問い合わせ対応が可能になります。

※権限によるメニューの違い



※「管理者」には、「経費一覧」と「承認一覧」の「検索範囲」の「会社全体」にチェックを入れると自身の経費や承認範囲だければなく、社内全体のデータが検索対象になります。

回答が見つかりましたか?