このページでは経費科目の登録についてご案内しています。

【事業所設定より登録】

経費科目設定>経費科目設定から編集(追加・更新)を行います。
ここで設定した内容が、従業員の方が経費登録時に見えるものとなります。

「経費科目を追加」ボタンより経費科目の追加ができます。

※一度追加した経費科目は削除が出来ないため、誤って登録した場合は、該当経費科目をクリックした編集画面より、「利用しない」に設定を変更ください。


勘定科目:「勘定科目設定」に登録されている勘定科目を経費科目と紐付けます。

補助科目:経費科目と紐付き、会計データ出力時に使用されます。

領収書添付:必須に設定した場合、領収書が添付されていなければ経費一覧上に警告表示されます。(※経費アラート設定による)

参加者入力:必須に設定した場合、参加者が指定されていなければ経費一覧上に警告表示されます。

並び順:経費登録する際に、並び順に従ってプルダウン内に表示されます。

利用する:利用するとしたもののみが、経費登録時のプルダウン内に表示されます。

税区分:税区分設定(Dr.経費精算内で使用するもの)で登録されたものを設定し、経費科目と紐付けます。会計システムで使用する税区分との紐付けは会計データ出力形式の「税区分等の対応表」から設定ください。

メモ欄テンプレート:経費登録時に、選択された経費科目に設定したコメントがメモに出力されます。

 例)タクシー代 → 「乗車地、降車地を入力すること」


※インポートでの登録はできません。


次のステップ➡【ステップ3】承認フローを設定しよう

回答が見つかりましたか?