交際費と会議費を申請するときのみ自社の参加者・取引先の参加者を入力する必要があります。

これは会議の内容やその妥当性、どの勘定科目に含めるかを確かめるための項目です。

入力方法(手入力)

【PCブラウザから】

1)勘定科目で交際費もしくは会議費を選択

2)参加者という欄が出てくるので、そこで自社と取引先の参加者を選択

ここでもし社員をまだ未登録の場合は名前と会社名を登録し、社員を追加してから参加者に登録してください。

3)人数を確定させたら他の経費と同じように「作成」をクリックし、申請完了

もしも参加者が0人で経費を申請した場合、このような注意書きが出ます。ご注意ください。

【スマートフォンから】

1)経費一覧の右下から手入力を選択

2)勘定科目で交際費もしくは会議費を選択

3)自社と取引先の参加者を入力する欄が出てくるので、その欄をタップ

4)自社と取引先の参加者を選択、選択完了後右下のチェックをタップ

ここでもし社員をまだ未登録の場合は右上をタップし、社員を追加してから参加者に登録してください。

5)人数を確定させたら他の経費と同じように「保存」をタップし、申請完了

このように交際費と会議費については少し特殊な申請方法になります。

ミスのないように注意してください。

回答が見つかりましたか?