※この記事では申請単位での集計の説明を行います。
データの出力方法についてはこちらをご参照ください。

【各出力形式の説明】  
Dr.経費精算では現状、下記の形式で集計データをエクスポートすることができます。
・標準:支払日・取引先・勘定科目・金額・コメントのみ表示する出力形式
・経費詳細:個々の経費単位での出力形式
・申請詳細:申請単位での出力形式
・各会計システムのインポート形式:各会計システム取り込み用の出力形式

【申請詳細について】
申請詳細では各従業員の申請ごとの形式でデータを出力することができます。
出力される項目の下記の一例として、以下のような内容が含まれます(実際にダウンロードを行い、内容をご確認ください)。
・事前申請ID
・社員番号、従業員名
・仮払金額
・仮払差額返金額
・経費合計額
・精算対象経費合計額
・精算対象外経費合計額
・従業員への支払額

【補足】
申請詳細のみで表示される項目は下記の通りです。

・仮払金額
事前申請に応じて支払った仮払金額が表示されます。

・仮払差額返金額
事前申請後、従業員から返金された仮払金が表示されます。

・経費合計額
登録された経費の合計額が表示されます。

・精算対象経費合計額
経費合計額のうち、精算対象となる金額が表示されます。

・精算対象外経費合計額
経費合計額のうち、精算対象とならない金額が表示されます。

・従業員への支払額:経費合計額のうち、従業員に支払われるべき金額が表示されます。
具体的には、経費合計額から既に仮払が行われた分と精算対象外となる分が控除された金額が表示されます。

なお、算式で表すと以下のようになります。
従業員への支払額=経費合計額-(仮払金額-仮払差額返金額)-精算対象外経費合計額

 【実際の出力データ  (一部)】

回答が見つかりましたか?