申請フロー:自己承認スキップの設定方法

申請フロー作成時、以下の方法で設定いただくと申請者自身の承認が自動でスキップされるようになります。

◯「自己承認する」のチェックボックス

手順

[申請フロー設定]>[フロー追加・編集]の画面にて、承認者に申請者自身が含まれる場合に「自己承認する」に、

①チェックを入れる =「自己承認する」

 ⇒自身が承認者に含まれるままの状態でフローが作成されます

②チェックを入れない =「自己承認しない」

 ⇒自身が承認者から除外された状態でフローが作成されます

 

◯「対象ステップをスキップ」のチェックボックス

申請フロー作成・編集の際に「誰か一人」かつ「自己承認しない」を選択した場合、「対象ステップをスキップ」のチェックボックスが表示されます。

承認者に申請者自身が含まれる場合に、

・「誰か一人」に自分が含まれる

・自身の申請は自己承認しなくてよい

の理由により、その承認ステップ自体不要、という場合に用います。

 

①「対象ステップをスキップ」にチェックを入れる

 ⇒承認者に申請者自身が含まれている承認ステップがスキップされ、

  次の承認ステップへと移ります

②「対象ステップをスキップ」にチェックを入れない

 ⇒承認者に申請者自身が含まれている承認ステップでも、自分以外の誰か一人の

  承認が必要となります

 フロー新規作成時のデフォルトは、「自己承認しない」+「対象ステップをスキップ」となります。

より詳しい設定方法を知りたい方はこちらをご確認くださいませ。