ガソリン代手当の作成

日当・手当フォーム作成の一例として、ガソリン代手当用のフォーム作成をご紹介します。

一般的な日当・手当用フォームの作成方法はこちらでご紹介しています。

1.[事業所設定]>[日当・手当設定]を押下します。


2.「表名称(入力フォーム名)」を入力します。こちらは経費の入力画面においてタブに表示される名前になります。

※既に設定されている日当がある場合には上部タブにある「+」マークをクリックして新規作成から設定を行います。

3. 手当表の作成をします。ガソリン代の場合、ガソリン単価を設定することになります。

4. 追加入力項目を設定します。「+入力項目を追加する」より項目を追加することができます。こちらが申請者が入力する変数になります。ガソリン代の場合「走行距離」あるいは「消費ガソリン量」などとします。

5. 計算式を設定します。「変数を挿入」にある項目から必要なものを選択します。[手当]には 3 で設定した金額が入力されます。

6. 最後に[作成]を押下します。[作成]を押下クリックすると[削除][保存]が表示されます。一度作成した手当設定を削除する場合は[削除]を、内容に修正を加えた後は[保存]を押下クリックします。

作成されると[+入力]に新たに追加され、経費作成が可能になります。下の画像の場合、100kmのガソリン代として1500円を経費として申請することができます。