申請フロー:設定条件「親部署」について

申請フローの条件に、親部署を設定した場合、経費に入力した「所属部署」が、設定した親部署の子部署であった場合に親部署と同様のフローが適用されることになります。

例)

条件に親部署「営業統括本部」を設定した申請フローを、子部署であるメディア事業部に所属する従業員αに割り当てた場合、親部署と同じフローが適用され、処理が進みます。

 

費用負担部署の設定されている経費の場合でも、上記フローが割り当てられている場合は、所属部署で判定されます。