飲食費の一人当たりの金額によって 「交際費」「会議費」が適切に選択されるようにしたい。


下記の設定をすることで、ユーザーが誤った選択をしないように設定可能です。

  1. 経費科目を2つ作成する
  2. 経費アラート設定>「経費金額チェック」>設定 で金額上限を設定する
  3. 経費金額チェックを「申請不可」とする

経費科目を2つ作成する

経費科目設定で、金額上限ごとに科目を作成します。
それぞれ紐づくべき、勘定科目を設定します。
経費科目はなるべく、ユーザーがイメージしやすいものに設定します。

アラートを設定する

経費アラート設定>「経費金額チェック」>設定 で金額上限を設定します。

  • 【設定】を押下します。
  • 条件に科目名と金額条件を設定します。

参加者が入力されると一人あたりの金額がしきい値になります

経費金額チェックを「申請不可」とする

アラートレベルを設定します。
警告表示でも問題ないですが、誤ってそのまま申請されてしまう可能性があります。

以上で設定は完了です。
上記の設定をすることで、申請者が金額が合わない申請をしようとすると下記の通り、アラートが表示されて申請することができません。

-

回答が見つかりましたか?