会計ソフトへ経費精算のデータを移行した際に下記の項目が摘要欄に出力できまきますきます。



申請書ID:11桁の数字。 申請IDについて詳しくはこちら
申請書名:
事前申請書ID: 11桁の数字。 申請IDについて詳しくはこちら
申請日付:
社員ID:従業員番号
申請者名:
申請者メールアドレス:
所属部署:
利用日:
支払先:
勘定科目:
上位経費科目(親科目):
経費科目:
補助科目:
参加人数:
参加者一覧:
参加者詳細:
取引先社名:
取引先人数:
取引先参加者一覧:
取引先参加者詳細:
自社参加者人数:
自社参加者一覧:
自社参加者詳細:
費用負担部署:
プロジェクトID:
プロジェクト名:
法人請求かどうか(精算対象外の有無):
外貨コード:
外貨レート:
外貨金額:
コメント:(経費ごとのメモ欄) 


カスタマイズによっては、上記意外の項目も設定可能ですので、担当者にご相談ください。

回答が見つかりましたか?