【経費集計】より、「仮払承認時のデータ」を集計する事が可能です。


<設定手順>

1)経費集計>申請一覧
2)【事前申請 (仮払)】を選択
3)集計が必要な条件を指定>この条件で集計する
  ※[この条件で検索]からチェックで自動選択して必要なデータだけ集計することも可能です

4)集計名を入力して[集計を作成]を押す

5)作成した集計は【集計履歴】に表示されます

集計作成したデータの詳細画面では下記の操作が可能です。
※全銀データと会計データ(別途要カスタマイズ)以外の出力は出来ません。

1.全銀データ・会計データ出力

集計した内容から全銀データや会計データ(仮払額)を作成することが出来ます。
※会計データの出力の設定には別途費用が掛かります。

2.会計データ出力完了

出力後にこちらのボタンをクリックすることで、会計データ出力状況の変更が行えます(会計データ出力済み)。
※事業所設定>会計データ出力設定がONの場合には、ダウンロードと同時にステータスが変更 されます。

3.支払い完了

従来は1件1件での対応でしたが、一括して操作が可能となります。
集計に含まれる全ての申請に対して振込や現金での受け渡しが完了したタイミングでこちらのボタンをクリックすると、仮払い状況の変更が行えます (仮払済み) 。
※申請の中に修正申請(仮払待ちの状態で、事前申請の内容を変更する申請)が行われているものが含まれている場合には、クリックできません。(上図参照:「支払い完了にできない申請が含まれています」)

回答が見つかりましたか?