経費科目/税区分/アラート設定
  1. ヘルプセンター
  2. 管理する
  3. 経費科目/税区分/アラート設定

経費アラート設定「自動入力経費編集チェック」

自動入力された経費が編集されていないことをチェックするアラートです。 本アラートを設定することにより、意図しない経費編集や不正を防止することが可能です。

◯設定手順

[システム設定]>[アラート]>[自動入力経費編集チェック]

自動入力経費編集チェック

デフォルトは「警告表示」となっているため、必要に応じて設定をしてください。

また、アラートの設定は入力方法・項目ごとに設定をすることが可能です。
「設定」ボタンより、アラート表示が必要な項目はチェックを入れてください。

スクリーンショット 2021-10-14 15.19.23

自動入力:領収書写真を撮影→送信により、弊社オペレーターにてデータ化を行う経費が対象

外部連携:ICカードなどのカード連携明細から作成された経費が対象

チェックが入っている項目に対して、連携データに変更があった場合には下記のアラートが表示されます。

アラート表示


未入力だった項目の変更は対象としない:
ONにすると、データ化時に未入力だった項目を変更した際にアラートが表示されなくなります。
例えば、以下のように空欄でデータ化された「支払先/訪問先」の項目を編集した場合、「支払先/訪問先」の項目にチェックが入っていたとしても、アラートが表示されなくなります。

image-Oct-14-2021-07-21-47-33-AM

OFFにすると、チェックが入っている項目を編集した場合は、必ずアラートが表示されます。

 

▼推奨する設定例

・自動入力(領収書の写真を撮影→送信)を利用し、データ化後に「支払先/訪問先」を編集することが多い場合

 →自動入力>支払先/訪問先のチェックを外す
  (上書きを認めない項目のみアラートでチェックできるようになります)

・自動入力された内容の変更は認めないものの、空欄でデータ化された項目は入力の必要がある場合

 →「未入力だった項目の変更は対象としない」をONに設定する