カード連携

法人カード連携の登録方法(管理者)

当機能をご利用いただくと、管理者による法人カード連携の設定を行うことができます。

目次

1.法人カード連携とは

2.対象ブランド/カード種類

3.設定前の準備

4.登録方法

5.ユーザー画面

6.カード情報の削除・更新

7.連携された明細の詳細

 

1.法人カード連携とは

システム設定>法人カードより、会社決済型のクレジットカードを管理者が一括で登録、編集することが可能になります。登録いただくと、カードが紐づく各アカウントにカードの利用明細を自動的に経費として取り込むことができます。

参考:「法人カード連携」と「カード連携」の違い

2.対象ブランド/カード種類


株式会社クレディセゾン ・UCコーポレートカード(Visa)
三井住友カード株式会社

・コーポレートカード(Visa)

・エクスプレスコーポレートカード(Visa)

・パーチェシングカード(Visa)

ユーシーカード株式会社 ・カードブランド:Visa
三菱UFJニコス株式会社 ・カードブランド:Visa

 

3.設定前の準備

  • 連携を開始するには、クレジットカードのイシュアーにご連絡をお願いします。
  • 担当営業の方に「TOKIUM経費精算へ明細データの連携をしたい」とお伝えください。
    ※連絡から連携までは10営業日程度かかります。

各カード会社の連絡先

株式会社クレディセゾン

貴社を担当する株式会社クレディセゾンの営業担当へご連絡ください。営業担当が不明な場合は、株式会社クレディセゾン ビジネス決済推進部コーポレートカード担当へご連絡ください。
TEL:03-3988-2452(平日9:00~17:00/土日祝休)

三井住友カード株式会社 貴社営業担当へご連絡ください。
ユーシーカード株式会社 貴社営業担当へご連絡ください。
三菱UFJニコス株式会社 貴社営業担当へご連絡ください。

 

4.登録方法

①カード情報のインポート

システム設定>法人カード管理を選択し、「xlsx方式でインポート」を押下します。
 

 

サンプルからインポート用のファイルをダウンロードし、カード情報を入力します。
入力したExcelをインポートします。

②インポート完了後

カード利用者名(メールアドレス)、カード番号の下4桁、明細情報が表示されます。

5.ユーザー画面

上記インポートが完了したら、各ユーザーのカード連携にカード情報が追加されます。

※カード連携画面からのカード情報削除や再取得はできません (システム設定>法人カード から管理者のみ操作可能)

※カード明細は1日1回(お昼、18時、23時)のいずれかのタイミングで取得、反映されます。

 

注意事項

  • 経費一覧からカード連携された経費が削除された場合:カード連携の利用履歴に表示されます。(再度経費登録が可能)
  • カード連携の利用履歴から明細が削除された場合:完全に削除され、復旧不可となります。 ※削除の際はお気を付けください。

※カード連携画面にて設定できる項目については「法人カード連携で登録されたデータを確認する」をご確認ください。

6.カード情報の削除・更新

システム設定>法人カード管理から削除・更新できます。

削除・更新は、管理者のみインポートにて可能です。

※番号紐づけ誤りの際には一度削除いただいてから正しいユーザーに紐づける必要があります。(同ファイル内で同番号のインポートを行うと、「番号重複エラー」となります)

①カード情報の更新

Excelにてカード情報を更新の上、再インポートを行うと、画面上でも変更が反映されます。

②カード情報の削除

Excelファイル内でカード番号空欄の状態でインポートを行います。

一覧のカード番号部分が空欄となり、個人のカード連携場面からカード情報が削除されます。
※削除までに連携された明細は削除されずに残ります

7.連携された明細の詳細

①連携内容の内訳確認(システム設定>法人カード)

未承認 掲載連携されているものの、最終承認まで完了していない経費数
明細削除 経費一覧から経費削除かつ、ユーザーのカード連携画面より明細削除されいてる数
※明細の復旧は不可
経費削除 経費一覧から削除されている経費数
※ユーザーのカード連携画面より再度登録することが可能な状態
精算対象 コーポレートカード利用分にも関わらず、「精算対象」と変更されている数
※通常、何も操作がされなければ、「精算対象外」として経費作成が行われます

②カードごとの連携詳細(システム設定>法人カード管理)

ユーザー行をクリックいただくと、「最終承認まで完了していない経費(明細)」の確認が可能です。