セキュリティ設定

2. SAML認証機能の事前準備

SAML認証機能をご利用いただくにあたり、 TOKIUM経費精算側と連携先のIdP側でそれぞれ必要な準備について説明します。


 

目次

1. TOKIUM経費精算側で必要な準備

2. IdP側で必要な準備

1. TOKIUM経費精算側で必要な準備

(1) SAML認証利用申込みが完了しており、SAML認証ライセンスが発行されていること

(2) TOKIUM経費精算の従業員設定が完了していること
→未登録の方はまず、こちらを参考に従業員情報を登録してください


[セキュリティ]>[SAML設定]> [IPアクセス制限スキップ機能]を利用したい場合
(3) IPアクセス制限利用申込みが完了しており、ライセンス取得済であること
[IPアドレスによるアクセス制限]
※IPアクセス制限機能は有料オプションです
  

2. IdP側で必要な準備

IdPの種類によって、詳細は異なります。

※IdPの契約内容の詳細は、各IdPベンダーにお問い合わせください。

 

Microsoft Azure ADとの連携

(1) Azure Active Directory(Azure AD)のいずれかのプランを契約していること
(2) Azure AD のユーザー、グループ等は設定済みであること
(3) エンタープライズアプリケーションの設定権限があること